システムハウス篠建    
秋田県湯沢市千石町3丁目6-8

TEL 0183-72-2661
FAX 0183-72-4186
 
web内覧会  メール  ブログ  

在来工法

  シノケン NEWS
新着情報はこちらへ
 
角材を使った骨組工法や現代和風の家   住まいづくりの総費用
ハイブリット型屋省エネ屋根融雪実験室ハイブリット型屋省エネ屋根融雪とは?
リフォーム施工の様子
不動産情報

3つの施工法
ほっとライフの家
フレームウォール工法
在来工法

濃縮の家
住宅の施工
店舗の施工
外観写真  
代表が16歳からの修行で得た技術とセンスを発揮する「在来工法」

在来工法とは?
日本古来の伝統的な木組みを活かした工法です。
コンクリートの基礎に固定した土台の上に柱を垂直に建て、梁を水平に渡し、屋根を組むものです。
垂直方向の力には柱、水平方向の力には梁等で抵抗を抑え、基本耐震に筋交いと呼ばれる斜材を数カ所に加え、さらに補強金具を使って耐震・耐風構造の強度を高めます。
在来工法の説明
在来工法 特徴
  • 広い間取りや大きな開口が特徴の自由設計
  • 日当たりや風通しが良く、高温多湿な日本の気候風土に合った居住性と耐久性を備えた居心地の良い家(床下の通風を良くすることが絶対条件である)
  • 建築コストが他の工法より抑えられる
  • どちらかと言えば増改築が容易である
  • 床下が外気の為、給排水・給湯管・床材等のメンテナンス時期が早くなりやすい
  • 外気に大きく左右されやすい
  • 各室暖房が主流で家内部の温度差が大きい
 
 自由設計

構造の関係上、広い窓や広いスペースが取りやすいので、開放感ある設計が可能となります
内観写真  
構造写真
中気密・中断熱が標準仕様

篠建独自の施工技術により、従来の在来工法よりも気密性・断熱性を高めています

 
床下が室外環境となっているため、床断熱を使用しています
内観写真

内断熱施工とは?

 
構造写真 
柱と柱の間に袋入り断熱材を敷き詰めます。
断熱材の一つ一つが防湿シートに覆われているものを使用していきます。
 
在来工法の説明  断熱写真  
※近年、開口部(サッシなど)の性能が上がっているために内部結露をおこす可能性が高くなっています。
そのため、施工精度によっては耐用年数が他の工法より短くなってしまいます。
長期間家を空ける時は、不凍栓を閉める事が絶対条件となります。
内観写真 内観写真 内観写真        


  3つの施工法
家造りのお得情報
 
 

上へ
ページの先頭へ
 Copyright Ⓒ 2019 システムハウス篠建 All Rights Reserved.
アクセス お問い合わせ ホーム