システムハウス篠建    
秋田県湯沢市千石町3丁目6-8

TEL 0183-72-2661
FAX 0183-72-4186
 
web内覧会  メール  ブログ  

 ほっとライフの家

  シノケン NEWS
新着情報はこちらへ
 
新在来工法・ソーラーサーキット工法などの過程を経て
平成4年から続く篠建オリジナル施工法

断熱・気密・換気・冷暖房と上手に向き合った設計
  メンテピット・仮設物置 DIYキット住まいづくりの総費用
ハイブリット型屋省エネ屋根融雪実験室ハイブリット型屋省エネ屋根融雪とは?
リフォーム施工の様子
不動産情報

3つの施工法
ほっとライフの家
フレームウォール工法
在来工法

濃縮の家住宅の施工店舗の施工
外観写真  
ほっとライフの家とは?
在来工法で、高断熱・高気密・高耐久のメンテナンスフリー機能をもった住宅のことです。
基本的にこの住宅は24時間暖房でないと効果を発揮しません!
ほっとライフの家の説明
ほっとライフの家 特徴
  • 各部屋との温度差を作らない
  • 大空間をまんべんなく(自由設計)
  • 知らない間に省エネルギー
  • 快適な温度調節により、冬はやわらか 夏はさわやか
  • 窓も壁もまったく結露知らず
  • 自然な通気・換気で心地よい住空間
  • 家も人も長寿が一番
 
結露知らずな理由
内外通気層により、内部結露がおこりません。結露がおこらないということは、外からの雨水が入らない限り、屋根・壁が腐朽することがないということです。
そのため、内部メンテナンスがほぼいらず、長寿な家となっています。
内観写真  
内観写真
長寿な家

基礎断熱、外断熱によって、高断熱・高気密・高耐久が実現できました。
メンテナンスのコストが抑えられて長持ちの家です。
また、住宅内の温度差がないので、体にも負担が少ない住空間になっています。

 

基礎断熱工法とは?

 
 基礎断熱写真
平成元年から 
高断熱・高気密・高耐久 
の「基礎断熱工法」による住宅造りをしています
 
  • 基礎断熱によって、床下が室内環境になります。
  • 基礎に断熱を設けることにより、床面に断熱がいらなくなり、床組の省力化・バリエーションの拡大につながります
  • 基礎高が900mmと床下が高いので、給排水・電気・床組などのメンテナンスが容易になります
  • 床下は土間コンクリートを施す(防湿層を設ける)ことにより、地下からの湿気を完全に遮断することができます
基礎断熱写真 基礎断熱写真 基礎断熱写真

  外張断熱施工

 
   施工写真
ほっとライフの家は平成4年から実績のある外張断熱工法

建物全体を断熱気密で連続して覆い、外部から隔離する工法です。
又、室内を温度差の少ない環境に保つことができます。構造体を室内環境下に置くということは木材等の呼吸を促し、腐朽がなくバランスの良い住環境が実現できます。
 
 
間柱間に断熱材を入れるやり方ではなく、間柱の外壁側を断熱材で覆うやり方です。
断熱材が切れ目なく連続し、安定した高い断熱性・気密性が実現できます。 
 ほっとライフの家の説明  
   施工写真 施工写真
外内部に通気層を設けているので、排熱・排湿の効果が高く結露がしにくいため、建物の老朽化を防ぐことができるのです。
また、小屋裏・壁体内・床下空間などの耐久性にもつながります。
 
 

  床暖房の快適さ

 
 
高断熱・高気密だからこそ快適になる床暖房
ほっとライフの家 写真  
   床暖房 床暖房  
 
  • 平均した温度分布なので部屋全体が暖かくなります
  • 温風ヒーターのように風がないので、空気がきれいで室内対流が起こりません
  • 高断熱・高気密が確立されているので、低温水でも床暖機能を最大限生かします
  • どんな形の床面にも対応可能なので、全面施工が可能です
  • 約60坪の場合、1日に消費する灯油の量は約10リットルです※真冬の場合
 
  内観写真  内観写真  
 


  3つの施工法
家造りのお得情報
 
 

上へ
ページの先頭へ
 Copyright Ⓒ 2019 システムハウス篠建 All Rights Reserved.
アクセス お問い合わせ ホーム