Home
     

 
 
 
 

この建物の工事の流れをご覧下さい 
    地盤調査を行っております。
 
  
    地縄張り〜敷地に縄を張り、建物の位置や境界の距離を
               確認する作業です。図面通りレイアウト
               します。
   基礎工事が始まりました。
 
     基礎断熱工法です。
 50mm(断熱材)+布基礎150mm+50mm(断熱材)
 +20mm(付加断熱材)となっております。

  
    コンクリート打設です。
    布型枠を外し 養生期間後、
 土台敷きです。
    1階床組施工
     フレームウオール工法(2×6)
  1階床組・1階壁施工
  
     フレームウオール工法
   2×6インチ材を中心に組み合わせて枠を造り、その
  枠に 構造用合板を用いて「面」で組み上げて構造を支
  えてい ます。
   2階天井まで、進んでいます。
 雨が続くので、雨水の浸入を防ぐため、まわりを
 シートで覆っています。
  サッシ取付〜LowーEガラスのペアサッシです。
  ペアサッシ内部には、アルゴンガス(無色・無臭・非腐
  食性・ 不燃性の気体)が封入されており、夏は強い日
 差 しの侵入を カットし冷房効果を大きく向上させ、冬
 は、室内の暖かい熱を逃がさず、暖房効果を大きく向上
 させ ます。省エネ対策に大変優れています。
   玄関土間断熱施工・床暖房配管を施工しています。
 玄関土間部分は、床暖房となります。
 1階には、温水パネルヒーターを用いた暖房設備となります。
     壁・天井に断熱材を施工しています。
   壁には, 150mm、天井には、200mmの断熱材を
   使用しています。 グラスウール24Kg相当品
    (スタンダードタイプ)
   工事も内部のほうは、ボードも貼られて壁紙の段階にな
 ってきました。
  外部の外壁も少しづつ進んできました。
 ガルバニウム鋼板で施工なります。
  玄関には、木調を表す予定です。
     外装が完成しました。玄関にポスト(白い柱)をアク
 センセントにし、ムク板材を使用し塗装仕
 上げとしました。
 
   内部も出来上がってきました。
 施工主様の以前のお宅で使われていたものを
 使用 しています。
   キッチンの棚です。大工さんの手造りで
 仕上げさせて頂きました。
 お施主さまに収納する物を聞いてそれに
 あわせて仕上げさせて頂きました。
 電気ポットや炊飯ジャーなどを置く
 場所には、手前に引き出せるようスライド
 させる金具が付いています。 
 手前が扉になっていて、閉めると棚に
 収納しているものが見えなくなります。
 とっさの来客にも気にしないで対応できます。
   玄関土間部分には、床暖房を施工してい
 ます。長靴など履く時にとても暖かいですよ。 


 また、少しずつ写真を掲載していきます。
 
 
           
家族が安心して住まう良質な家造り
暖かく快適な我家に甦りました
篠建が施工させて頂いた店舗
家造りの流れ
篠建からのメッセージ
新築住宅〜お得情報
リフォーム〜お得情報
フラット35
家づくり〜諸費用など
ご融資借入機関
システムハウス篠建事務所
TEL:0183-72-2661
メールはこちらへ

Copyright(C) 2010sisutemuhausushinokenAll Rights Reserved.
ホーム / ようこそ篠建へ/ 写真集/ リフォーム / お客様のお声 / リンク